パチンコ攻略大全集

パチプロが選ぶ店とは


パチンコのスロットは設定があることは周知の事実です。設定1〜設定6というものがあり、分かりやすく言えば設定5,6は客が勝ち、設定4,3はほぼイーブン、設定1,2は回収用というものです。パチプロは必ず設定5,6(出来るだけ6)の台を探し出して打ちます。コンピュータで管理されているパチンコで唯一、開店前に設定を決めるという店の意向が介入されている部分でもあります。

設定判別などは市販の攻略雑誌にも掲載されていますが、最低限それが出来なければ設定5,6の台に座り続けることは不可能ですし、スロットで勝ち続けていく事が不可能という事になります。

台は必ず出る台なのです。分からないのは何時という部分ですがその台を継続して打つことで絶対に勝てるようになります。逆の言い方をすれば必ず出るのなら座り続ける必要があります。

当然ですが、設定5,6などが置いてある割合はかなり低いです。店もバランスを考え設定6を多く設置したのなら必然的に設定1,2を大量に置かなければ経営が成り立ちません。その影響で設定3,4は少なくなります。

設定3,4を大量に設置できるようにするためには設定6や設定1をあまり置けません。ある意味バランスよく出る台を取りそろえることが出来ます。

では、パチプロはどちらのような店を選択するのでしょうか?答えは簡単、メリハリのある設定1が大量の置いてある設定6が割と多く置いてある店です。パチプロから見れば設定4というのは出るのか出ないのかはっきりしない中途半端なものです。その分、出るのかを見極めるのにも時間がかかります。設定1と設定6ほどはっきりしていませんのでパチプロは設定1があっても設定6を多く設置している店を探します。

設定4とかはある意味、遊べますので楽しめる店であるとはおもいますがプロとして勝ち続けるためには避けたい店なのです。設定5,6にしか座らないという事が出来なければプロではありません。プロではないという事は勝ち続けることが出来ないという意味です。


パチンコ攻略“神眼”
約7000万円稼いだ現役パチプロの稼ぎ方


パチンコマニュアルスロットマニュアル



凄腕のパチプロ
  凄腕のパチプロとの話
  一人では限界がある
  決して効率的はないのも事実
  技術よりも見る眼を磨く
  台を知ることが大事
  パチンコで勝つために必要な事
  パチプロが選ぶ店とは



パチンコ攻略大全集